店名がもはや意味不明な「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」に行ってきた

みなさんこんにちは、今年からオフィスを引っ越しまして新橋へ移転したわけなのですが、オフィスの近所にある黄色い看板のとても気になる店名のお店、「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」という黄色い看板が通るたび気になって気になって仕方なかったので、どんなお店なのか、ついに足を踏み込んできました。こちら側としては「なぜこんな店名にしたのか。」と聞き返したくなるような店名です!

お店の場所

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
お店の場所はこちら、東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前第一ビルになります。
昼:11:00~16:00  夜:17:00~22:00 (日・祝は21:00まで)
訪れた時間帯はお昼も過ぎた15時半頃でした。
さて、お店に入ってみようと思ったら目に飛び込んできた案内。
焼きそばは飲み物。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
いやいや、ちょっとまって飲み物じゃないし!!!
どうやら飲み物シリーズというジャンルでは3店舗目のオープンで、この近所に爆誕する模様。もはや「焼きそばは飲み物。」は、バズワードになりそうな予感すら彷彿させる店名。
「そういえば、昨日さー焼きそばは飲み物。行ってきたんだよねー!」なんて突然言われたら、
「え、ちょっと何訳のわからないこと言ってるの?」と聞き返してすらしまいそう。
それはさておき、食券を購入して店内へ。

今回注文したもの

鶏そば(780円)を注文。中盛りの仕様で、370グラムとの事で食べ応え十分。具もしっかりつけ汁に入っているので、全部食べると相当お腹いっぱいになるレベルです。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
刻み海苔が全体を覆い、その下にはゴマとネギが。
naze-soba5
そしてこちらがつけ汁。蕎麦をつけ汁につけて食べる蕎麦。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
そしてこちらが「生卵」、生卵の使い方の黄色い紙には、「出汁に入れてマイルドにしても良し、蕎麦に入れても良し」と書いておりお値段は無料。無料とはいえ、ずらりと並んだ生卵をどらくらい使ってももいいのだろうかと、気になるところではありました。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
また、テーブル卓にあるのがにんにくの食べるラー油。少しすくって蕎麦にかけて食べると、味も変わってきます。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 新橋店
こちらの黄色いのは天かすで、蕎麦の上に「天かす&食べるラー油」をのせてから食べると全体的にサクサクとした食感が楽しめる不思議な食感です。
最初は普通の蕎麦屋なのかなーと思って入ってみましたが、予想を裏切っておいしくメニューも豊富なので、次回は別のメニューにチャレンジしてみたいと思います。
naze-soba7
ちなみに15時頃でも16席あるテーブルは全て埋まっていました。もし行くならお昼時は避けたほうが無難かもしれません。
気になる方は是非食べてみてはいかがでしょうか?予想を裏切ってハマる可能性がある蕎麦屋です!!
以上、店名がもはや意味不明だけど非常に美味しい「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です