SwitchBotシリーズに自動カーテン開閉マシンのSwitchBot Curtainが登場

SwitchBot シリーズ カーテン

これまでにもSwitchbotシリーズを愛用して実際に利用している、NORI(@norilog4)です。スマートホームの構築ならまかせてください(笑)

さて、今回はこのブログでも様々なSwitchBot製品を紹介していますが、どうやらそのSwitchBot製品のシリーズに新しく「カーテン」に関するものが発表されるようです。

SwitchBot カーテンの詳細

海外の本家Twitterアカウント(@SwitchBot)で10月13日に公開されたツイートですが、2019年10月22日(米国太平洋標準時 午前8時)、日本時間で2019年10月23日(水) 深夜01:00に Kickstarter でクラウドファンディングを行う模様です。

事前に公式ホームページの特設ページメールアドレスを登録しておくと先着順で特別価格(50%oFF)でゲットできます。

SwitchBot カーテンはスマホからカーテンを開閉

SwitchBotの大きな魅力は、アプリから様々機器をコントロールできる他、Amazon EchoやGoogle Homeなどの音声コントロールの他、タイマーなどを使って家電を自動でコントロールできることです。

このカーテンも同様で、音声やスマホからカーテンの開け閉めや、時間でカーテンの開閉もできることは間違いないでしょう。

日本のカーテンレールでも利用できるのか

海外のカーテンレールと日本のカーテンレールの仕様も変わりますが、公式サイトで公開されていた画像を見る限り日本のカーテンレールにも対応してるように見えます。日本の公式Twitterでも紹介されているのでおそらく対応しているのでは。

SwitchBot シリーズ カーテン

SwitchBot カーテン発売時期と価格

Kickstarterで公開中。2019年11月17日現在2,628人のバッカーで5,000万円以上集まっており達成は確実となっている状況。

1台本体をゲットするにはSingle Pack – Early Birdを選択することで送料を含めて84ドル(日本円で約9,100円前後)となっております。いち早く手に入れたい方はプロジェクトにバックしてみてはいかがでしょうか。

SwitchBot カーテンのまとめ

本記事は、SwitchBotカーテンについての記事です。
SwitchBotファミリーシリーズの商品を使って手軽に、そして安価にスマートホーム環境を構築して生活を自動化することができます。

実は過去にもカーテンがスマホから開けられるめざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス) というものがありましたが、価格は7,600円ほどと若干高い印象です。

2台セットで3,000円程度だと嬉しいところ!
SwitchBot愛用ユーザーの自分としては非常に気になる商品なのですが….実は部屋に…

カーテンが無いんだった!😇

※ニトリのブラインドです。

その他SwitchBot製品のレビュー記事

switch bot hub plus 設定 レビュースマートホーム化に必要な家電操作リモコンデバイスSwitchBot Hub Plusレビュー SwitchBotプラグ レビュー音声でコンセントを制御可能なスマートホームデバイスSwitchBotプラグレビュー 家や部屋の温湿度を外出先からも確認できるSwitchBot温湿度計レビュー スマートホーム Switchbotスマホから風呂の追い焚き可能なスマートホームデバイスSwitchBotレビュー
コメントを閉じる

コメントを残す