2020年度 レスポンシブ対応のTwitter ヘッダー画像はいくつで設定するのがベストなの?

WordPressのダッシュボードからGoogleの各種サービスデータが確認できるSite Kitが公開

プラグインのおすすめ度:(総合評価)

NORI

WordPressのダッシュボード内からGoogle Analytics(アナリティクス)他のデータが確認できるGoogle公式プラグインの登場!

普段みなさんアナリティクスの数値とか、サーチコンソールのデータってどのように確認してますか?つい先日、Googleから WordPress のプラグインとして Site Kit が正式リリースされました。

このプラグイン Site Kit(サイトキット) を利用すると、Google Search Console(サーチコンソール) や Google Analytics(アナリティクス)などの Google のツールによるレポートを WordPress のダッシュボードから確認することができて非常に便利です。

ただ現在のところプラグインの日本語化はされていないので英語表記となっています。

各国の言語のSite Kit 翻訳状況はこちらからご確認できます。

Google Site Kitのインストール方法

ダッシュボードのプラグインから、新規追加→プラグインの検索で「Site kit」を検索すると以下の画像のようにプラグインがでてきます。

WordPress Google Site kit

Site Kit by Google
Site Kit by Google
Developer: Google
Price: Free

Google Site Kitの設定方法

インストールが終了後「有効化」のボタンを押すことでGoogle アカウントとの接続を求められます。手順はそこまで難しいものではありませんが、日本語では表示されないので手順に沿って進めていきます。

手順1
プラグインをインストール
プラグインの新規追加から「Site kit」を検索してインストール
手順2
プラグインを有効化
プラグインを有効化します。
手順3
セットアップ
セットアップガイドにしたがって手順を進めていきます。Allow
WordPress Google Site kit 2
手順4
アクセス権を付与
Analytics (アナリティクス)などのアカウントを設定しているGoogle アカウントに権限を付与していきます。表示されるダイアログボックスの内容を確認して「許可」を押していけばOKです。

WordPress Google Site kit Setting

現在アクセス権を付与できるサービスは

  • Search Console (サーチコンソール)
  • Analytics (アナリティクス)
  • AdSense (アドセンス)
  • PageSpeed Insights (スピードインサイト)

セットアップが終了したら「Go to my Dashboard」でデータを確認してみましょう。

WordPress Google Site kit

手順5
データ確認
ダッシュボードからアクセス権を付与したデータを確認することができます。

Site Kit ダッシュボード管理画面

Google の各種ツールの権限をSite Kit で付与すると、以下のようにダッシュボード上で各データを確認することができます。自然流入検索キーワード等のデータがダッシュボード内で見ることができて非常に便利ですね。

Analytics (アナリティクス)

WordPress Google Site kit アナリティクス

Search Console (サーチコンソール)

WordPress Google Site kit サーチコンソール

Google Site Kitの設定方法動画(英語)

NORI

設定はそんなに難しくないのでチェレンジしてみてね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

Google 2段階認証に関する設定更新Google 2段階認証でキャリアメールを設定していると2019年12月1日から使えなくなるので要注意 Google Chromeが重くなったら起動プロセス数の制限でメモリの使用量を削減!
まずは15日間お試し無料ができます!

サーバー容量は余裕の 200GB~! 1つの契約でたくさんのサイトを運営したい方クリエータやアフィリエイターにぴったりのサービスです。



コメントを閉じる

コメントを残す