SEO対策に効くWordPressの最終更新日をGoogle 検索に通知して検索順位をアップする方法

SEO対策 検索順位アップ

以前からかなり気になっていたことがありました。それは以前まで検索上位にいたブログ記事のGoogle 検索順位が下がってきたこと。

なぜ検索順位が下がってきたのがわかるの?と思うかもしれませんが、検索順位の変動をチェックできるツールが存在しており、こういったツールでチェックしていたりするからです。WEBのお仕事に関わる人は結構使ってると思います。

アフィリエイトなどをしている人たちにとってはターゲットとしているキーワードの検索順位が落ちることはアクセス数やPV数も落ちることに直結するので割と大事件な問題です。

Googleの検索アルゴリズムは非公開となっているので、落ちた検索順位を上げるには実際にいろいろと試行錯誤してみて自分の目で確かめてみるしかありません。

NORI

その結果どうなったのかはこのブログをチェック!

Googleはその時代に合わせて検索アルゴリズムを進化させている

Google検索のアルゴリズムの変更は、私たちの知らないうちに行われています。Google Homeなどが登場し音声でも検索できる今、ユーザーが求めている情報を瞬時に提供できるように、Googleは時代に合わせて検索を常に進化させ続けています。

Googleに「検索キーワード」を入力、または「音声」で入力(オッケー グーグル)と欲しい検索結果を表示させてくれる、本当にすごい時代になったと思います。

SEO対策として検索順位を上げる方法も、みんな試行錯誤して結果を出しているのが現状です。

なぜ自分のブログ記事の検索順位が下がったのか(仮説)

今までメーカーページを除いては3位にランクしていたキーワード「Beats 修理」このキーワードがなぜか4位から6位の間をさまようようになってきており、仮説として考えたのが以下です。

順位が下がった原因

  • 記事を投稿した日が4年前(2016年)
  • 記事に内容が古い
  • 同じ記事を書いている競合がでてきた
  • 検索アルゴリズムが変更された

上記を仮説としていろいろと実行してみました。

該当キーワードの検索順位

つい1週間前の検索結果のキャプチャ画像です。該当キーワードの検索結果を見ると「2016/10/08」となっているのがわかります。この時点で4位です。

SEO対策 検索順位アップ

最終更新日をGoogleに伝えた後の該当キーワードの検索順位

ある方法をつかって修正すると、反映までには約2日程度かかりましたが…該当キーワードで検索結果を見ると表示された日付は「3日前」で検索順位は「3位」に。

見事に元に戻りました!

NORI

仮説からの対策はバッチリ!

SEO対策 検索順位アップ

この結果を得て考えられること

この結果を受けてGoogleのアルゴリズムが順位を仮説として考えられるのが以下の点です。Googleの検索アルゴリズムは非公開でわからない為、おそらく以下の対応したことで検索順位があがったものと考えています。

検索結果の順位があがった原因

  • 記事を最新情報にリライトした(Query Deserves Fressness
  • 記事公開日ではなく最終更新日をGoogleへ正しく伝えた

自分なりにいろいろ調べてみたところ、ちょっと手を入れなければ WordPressの場合更新日よりも公開日の方がGoogleへ伝えられてしまうようです。

古い記事の公開日よりも、編集日(最終更新日)を正しく検索エンジンに伝えるためワードプレス(WordPress)で更新日や公開日を表示させる為には「PHPファイル(function.php含む)」を修正する必要があります。

コピペで簡単 WordPressで最終更新日をGoogleへ正しく伝える方法

注意
記事中で紹介しているコードは、このブログでも利用しているテーマ「SANGO」および「PORIPU」で使えるコードを紹介しています。
このカスタマイズ方法について
手軽さ
(2.0)
難しさ
(4.0)
PHPの知識
(5.0)
サーバの知識
(5.0)
総合評価
(5.0)

NORI

サーバーを直接触れなかったり、書いていることがわからない人には結構大変かもしれません!
注意
カスタマイズは自己責任でお願いいたします。カスタマイズにチャレンジしたけどテーマが壊れた場合にはサポートができません。

SANGOの修正方法(バージョン: 2.0.3)

SANGOの親テーマの以下の部分をコピーして子テーマへ移動させます。

Parts single entry-header.php

SEO対策 検索順位アップ Sango PORIPU

entry-header.php というファイルの中身を書き換えることで日付コードを修正します。

子テーマへコピーした entry-header.php を開き、以下のソースコードをまるっとコピーして貼り付けして保存します。

SANGO 子テーマPORIPUの修正方法

上記と同様に、SANGOの親テーマの以下の部分をコピーして子テーマPORIPUへ移動させます。

子テーマへコピーした entry-header.php を開き、以下のソースコードをまるっとコピーして貼り付けして保存します。

function.php にコードを追加

上記の対応が終わったら、functions.php を安全に管理・追加できるプライグイン「Code Snippets」などを使ってfunction.phpを追記します。

WordPressの functions.php を安全に管理・追加できるプライグイン「Code Snippets」

コピペで追加するコード

NORI

これで完了です!

昔記事を公開していたけど、今となっては情報が古くなっている記事、昔は順位があがっていたのに、順位が下がっていたいた場合に有効です。対応・更新後 Google アナリティクス などで状況を追ってみましょう!

まとめ

本記事は、SEO対策に効くWordPressの最終更新日をGoogle 検索に通知して検索順位をアップする方法についての解説記事です。

この対応を行った結果、紹介した通り検索順位が上がった他、昔アップしてたブログ記事も最新の情報にリライトしてGoogleに通知したところアクセス増えました!

NORI

これだけはやらないように!
やってはいけないこと
記事が古いので新しい情報にリライトして更新することはいいのですが、ただ日付を新しくして通知すると…悲劇を招くことになるので、おすすめしません。

以上、NORI(@norilog4)でした。

OGPチェック最強ツールブログを書くときに意識して気をつけたいOGP画像 サイズと重要性とは? facebook ogp debugger 使い方 解説【2020年版】SNSでシェアされたOGP画像のキャッシュクリア方法・確認ツールの使い方 国産WordPressテーマで圧倒的なデザイン性・多機能の「SANGO」が凄すぎる! 独自SSLを無料で導入!hetemlサーバーで無料SSLをWordPressに設定する方法
まずは15日間お試し無料ができます!

サーバー容量は余裕の 200GB~! 1つの契約でたくさんのサイトを運営したい方クリエータやアフィリエイターにぴったりのサービスです。




コメントを閉じる

コメントを残す