6/21・6/22は年に一度の大感謝祭開催!

利用時間を伸ばしたい!ZoomのWebミーティング40分制限の解除方法ついて詳しく解説

Zoomの使い方

みなさんこんにちは、NORI(@norilog4)です。

新型コロナの感染拡大により、在宅ワーク・リモートワークにシフトする企業が多い中、2020年に認知度と株価が飛躍的に上がったと言っても過言ではない「Zoom」。

場所やデバイス問わず参加でき、誰でも無料で利用できる手軽さが売りで音声での会議の他、自分のモニターを相手に共有して見せながらWebミーティングをすることもできます。

これからZoomを利用する方は参考にしてみてね!

NORI

Zoomとは

Zoomとは  使い方

ミーティングとチャットの他、ビデオウェビナーなどの機能が盛り込まれており、多くの大手企業も導入しているWebミーティングサービスのひとつです。

また、2020年8~10月期の純利益が1億9844万ドル(約210億円)になったと発表されており、新型コロナウイルスが流行する中で企業の利用が定着し、前年同期の90倍に増えている話題のオンラインツールです。

2020年時点では、世界で従業員10人を超す企業・団体との契約数は43万3700件と多くの企業での利用されていることがわかります。

Zoomのアプリ

タブレットやスマホから利用する場合には、iOS、Androidともにアプリが用意されているので、以下からダウンロードして利用が可能です。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

Zoom無料

Zoomの使い方

Zoomをはじめるには、メールアドレスを使ってアカウントの登録が必要となります。

無料で利用が可能となっているので、パソコンを持っている方であれば公式サイトから、スマホやタブレットをお持ちの方であれば、アプリ上からサインアップを行いましょう。

MEMO

無料プランで利用できる条件は以下となります。
基本プラン(無料)
参加者が3~100名の会議の制限時間は1回の利用で40分まで

40分経過すると一度接続が切れてしまいますが、再度招待することでさらに40分間利用することができるようになります。

Zoomの使い方

Zoomを使ったミーティングへの参加方法

Zoomの公式YouTubeチャンネルで使い方などを解説していますので、以下の動画を参考にしてみてください。

Zoom(無料アカウント)40分の時間制限

無料のアカウントの場合、招待したURLを使ってのWebミーティング利用時間(1回)が40分までと制限がかっています。

この制限を解除するには、アカウントをアップグレードするか、40分を超えて自動切断されたあとに再度招待をすることで継続して利用することができるようになります。

無料アカウントでの制限

  • 40分経過すると強制的にルームから退出

まれに、Zoomでは、40分を経過した頃、主催者(ホスト)だけに時間制限解除通知が届く場合があるようです。

Zoom 無料プランと有料プランの違い

無料でも40分間多くの参加者とWebミーティングができますが、有料版(Zoom Pro)になると以下の機能を利用することができるようになります。

有料版機能

  • 3人以上で利用した際の制限時間解除(24時間利用)
  • クラウドレコーディングが可能
  • ホスト(主催者)を複数設定可能
  • Slack等のサービスと連携可能

Zoom 有料版価格

Zoomには基本的には3つのプランが用意されています。月額支払いでの利用よりも年間で一括払いでの利用のほうが20%お得となっています。

Zoom 有料版価格

有料プラン

  • プロ(月額2,000円)
  • ビジネス(月額2,700円)
  • 教育(年額12,100円)

Zoomの利用方法のレビューまとめ

本記事は、Webミーティングツール「Zoom(ズーム)」についてのレビュー記事です。

緊急事態宣言がでてオンラインへのシフトか、在宅勤務(在宅ワーク)が進む中コミュニケーションをとるのに重宝するツールです。

是非チェックしてみてね!

NORI

以上、NORI(@norilog4)でした。

0 0 評価
記事の評価
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る