【読者限定】FLEXISPOT デスク15%割引クーポン

コスパ抜群のキャンプ用コットGIMMICK キャンプ時の眠りが快適となり荷物置き場としても最適

GIMMICK(ギミック)コット レビュー

評価:5

キャンプ好き・アウトドア好きのみなさんこんにちは!ガジェットブロガーのNORI(@norilog4)です。

キャンプやアウトドア活動中にゆっくり休めるスペースが欲しいと思ったことありませんか?

今回紹介するのは、キャンプやアウトドアに持っていくととても便利な「コット」。

実際に購入してアウトドアで使用してみた、GIMMICK(ギミック)というブランドから発売されているコットを紹介していきます。

GIMMICKとはどんなブランド?

GIMMICK(ギミック)アウトドア

2020年夏、アウトドア専門ブランドとして立ち上がったブランドです。

「こういう道具があったらもっと快適に過ごせそう」「こんな機能が付いたらもっと面白くなるはず」をテーマに今までなかった発想とワクワクするような「仕掛け(ギミック)」で、新しい発見や楽しさを作り出せるような商品を提供しているブランドとなっています。

コットはどんなときに使うといいの?

そもそもキャンプやアウトドアが初めての人にとっては「コット」がどんなものかピンと来ないかもしれません。

GIMMICK(ギミック)コット レビュー
ベットとしての利用例



コットは、ベッドとしてはもちろん、ベンチや荷物置き台などとしてもマルチに使えるコットは便利なキャンプギアとして注目度上昇中のアイテムとなっています。

GIMMICK(ギミック)コット レビュー
荷物置き場としての利用例



地面の状態を気にする必要もなく、地面と接していないので地面からの底冷えや地面の熱を回避でき、背中が痛くなるという心配もありません。

コットの代表格といえば?

Helinox(ヘリノックス)コット

アウトドアやキャンプをしている方であればご存知のアウトドア・ファーニチャーの世界的ブランド「Helinox(ヘリノックス)」



優れた強度と柔軟性を持つ超軽量アルミニウムポールを採用した革新的なアイテムの数々をリリースしていますが、基本的にそれなりのお値段がする商品となっています。

ヘリノックスのコットは定価が約35,000円ほどとなっており、高さはロータイプ。

2Wayとして利用する場合は別売りのコットレッグを約14,000円で購入する必要があります。

GIMMICK 2wayコット

GIMMICK(ギミック)コット レビュー

基本スペック

このコットは2Way(2通り)という名前がついている通り、ハイ&ローの高さが選べる2WAY仕様となっています。

ヘリノックスはロータイプで約35,000円ほどですが、GIMMICK 2wayコットであれば約14,000円で購入することができます。

NORI

ただ安いというだけでなく作りもしっかりしているぞ!
サイズ【展開時High】幅65×高さ38×長さ190cm
【展開時Low】幅65×高さ17.5cm×長さ190cm
収納サイズ【収納時】幅16×高さ13cm×長さ52cm
重量2.79kg
シート生地ファブリック600D(ポリエステル)
脚材質アルミ合金A7075(超々ジュラルミン)
収納ポケット小物を分別できる便利な2ポケット付き
耐荷重150kg

カラー展開

コットのカラーは新しいカモフラージュを入れて4色で展開されています。

  • ブラック
  • ベージュ
  • カーキ
  • サンドカモフラージュ

コットの組み立て方法

コットはすぐに組み立てることができるのでとても便利です。

コットを広げる
GIMMICK(ギミック)コット レビュー 組み立て方

まずはシートを広げでサイドポールを2本組み立てたものをシートの両端にあるスリーブに通します。

ベースフレームの取り付け

最初にレバーの金属部分を両サイドから押すとレバーのロックが外れるようになっています。

GIMMICK(ギミック)コット レビュー 組み立て方

このような状態にしてから

GIMMICK(ギミック)コット レビュー 組み立て方

ベースフレームをサイドポールがでている箇所に取り付けていきます。カチッと音がするまでレバーを押し込み、ロックをかけます。

完成
GIMMICK(ギミック)コット レビュー

ベースフレームを取り付けてひっくり返すとこんな感じで完成します。

取り外し(フレームの外し方)
GIMMICK(ギミック)コット レビュー 組み立て方

取り付けた時と同様にこのレバーの金属部分を両サイドから押すとレバーのロックが解除されるので、サイドポールから外していきます。

コット組み立て動画

NORI

組み立てに慣れると3分ほどで組み立てられるぞ!

コットにはサイドポケットが付いているので、500mlペットボトルやスマホなど分けて収納できます。

GIMMICK(ギミック)コット レビュー 収納ポケット

コットの利用方法

ペンデルトンのオーバーサイズバスタオルをかけてベンチにしたり

GIMMICK(ギミック)コット レビュー

スリーピングバッグと一緒に、クッションとして様々な用途で使えるNANGA(ナンガ)のNANGA(ナンガ)RECTANGULAR PADDING BAGをのせてこの中で寝ることもできます。

春夏キャンプだけでなく使い方によってオールシーズン使用可能な化繊シュラフなので天気がいい日はテントの外で寝るためのベッドとしても利用ができます。

NANGA ナンガ アウトドア キャンプ シュラフ 寝袋

GIMMICK 2wayコット レビューまとめ

ベッドでもベンチや荷物置き台などとしてもマルチに使えるコットは、シーンに応じてキャンプギアとしてとて効果的に使えるアイテムとなります。

ヘリノックスのコットの価格で躊躇した方がいましたら、ぜひオススメです!

NORI

1台あると様々な用途で使えるぞ!
Naturehike ハンモック レビュー Naturehike 小さくまとまりキャンプに最適な200kgまで対応のポータブルハンモック
0 0 評価
記事の評価
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る