1億800万画素で5つのカメラを搭載するXiaomi Note 10が11月6日発表で 7日に発売開始

Xiaomi Note 10

スマートフォンのカメラは性能は一体どこまでスペックがあがっていくのでしょうか。どうもNORI(@norilog4)です。

実は最近海外の方からの情報で、Xiaomi(シャオミ:小米)はこのXiaomi Note 10に関する情報を日本時間で、11月6日に記者会見を開き、11月7日に販売開始するとの噂を聞きました。

NORI

噂程度なので話半分で聞いてましたが、結構すごいスペックです。

Xiaomi Note 10(Xiaomi Mi CC9 Pro)

驚くべきは5つのカメラを搭載している点。このスマートフォンのカメラで1億800万画素まで撮影できるという、カメラ仕様がブッ飛んでるスマートフォンです。これで撮るとどんな世界が写るのか試してみたい!

同じく1億画素といえば、中判カメラの富士フイルム「GFX100」。フルサイズセンサーより一回り大きなラージセンサー(面積にして約1.67倍)での1億画素の中判カメラ vs Xiaomi Note 10!

NORI

フルサイズ超えの1億800万画素!
Xiaomi Note 10

公開されているCC9 Proの仕様は、世界初の108MPのメインカメラに、20MPの超広角、ポートレート用の12MP、光学5倍、ハイブリッドズーム10倍の望遠、そして撮影距離1.5cmのマクロレンズという構成のスマートフォン。

また5260mAhのバッテリーは0からフル充電されるまでに65分しかかからない急速充電が可能。またカーブを描いたAMOLEDディスプレイを搭載しているようです。
ここまでくるともはやスマートフォンと呼んでいいのかわからないスペックです。

個人的に気になるのは、1億800万画素の写真を保存するストレージ部分。外部のSSDやSDカードに保存ができるのか、それとも見合った「ストレージ」を本体に搭載しているのかが非常に気になるところです。

Xiaomi Note 10の凄いところ

1億800万画素という圧倒的な画素数を持つカメラはSamsungと共同開発した「Samsung ISOCELL Bright HMX senseor」を搭載!
また、スマートフォン史上世界初となるF値1.7 8Pのレンズを搭載した特別モデル「Mi CC9 Pro Premium Editon」も用意。
1/1.33インチの大型なセンサーを搭載!

資料によると、Xiaomi Note 10は以下のカラーで展開される模様。

発売予定の色

Xiaomi Note 10を最速で購入するには?

Xiaomi Mi Note 10 vs Xiaomi Mi CC9 Pro1

世界初となる1億800万画素で5つのカメラを搭載したXiaomi Note 10は、すでにGearbest(ギアベスト)にアップされています。

The World’s First 108MP Xiaomi Phone Will Be Exclusively launched at Gearbest on November 6, 2019 – White
The World’s First 108MP Xiaomi Phone Will Be Exclusively launched at Gearbest on November 6, 2019 – Green
The World’s First 108MP Xiaomi Phone Will Be Exclusively launched at Gearbest on November 6, 2019 – Black

Gearbestで世界先行販売

世界初、Xiaomi Mi Note 10がGearbestのみで先行販売されます。販売開始時間は以下となります。

先行販売時間
Gearbest初回リリース時間:日本標準時 2019年11月07日(木) 03:30

販売価格とお得なクーポンコード

またGearBest(ギアベスト)上に掲載されている、Xiaomi Note 10は日本標準時 2019年11月07日(木) 03:30からはクーポンコードを入れることで割引価格でも購入が可能となるそうです。
上記時間以降でアクセスすると衝撃的な価格が表示されると思うよと伝えられているので、ここもまた気になるところです。

NORI

クーポンコードは GBMINOTE10

Xiaomi(シャオミ)の日本進出について

スマホ世界4位の中国Xiaomiが2020年にも日本に進出すると日本経済新聞が報道しています。Xiaomiは既にスマートバンドやモバイルバッテリー、ゲーミングスマホのBlackSharkなどを日本の代理店を通じて日本で発売していましたが、スマートフォンでの本格参入は初となります。

スペックも高いスマートフォンでマニアにも人気のXiaomi(シャオミ)ですが、最近では、「Xiaomi Japan」と名乗るTwitterアカウントがTwitter社の本人確認マークを取得し、さらにXiaomi公式が本物であると認めたために、今度こそXiaomiが日本にやってくるのかと大きな話題になっていましたが、いよいよ日本上陸もまもなくですね!

実際のところスマーフトフォン以外でもXiaomiのプロダクトってものすごくシンプルでいいんですよ。こちらのドライバーセットも2017年度にRed Dot Design Awardを受賞した「ドライバーセット 24本組」Xiaomi(シャオミ)の商品です。

ドライバーセット 24本組 Xiaomi(シャオミ)
ドライバーセット 24本組 Xiaomi(シャオミ)

ECサイトが1年で一番盛り上がる11月11日ってなんの日?

上記で紹介しているGearbest(ギアベスト)のみならず、中国のECサイトは11月11日が1年で一番盛り上がるんです。

11月11日と言えばみなさんなんだか分かりますか?

日本では圧倒的に楽天やAmazonのユーザー数が多いため、消費者としてアリババのECサイトを使う機会は多くないかもしれませんが、「アリババ(阿里巴巴集団)」は毎年この11月11日にとでもないショッピングイベントをしています。

アリババ「独身の日(11月11日)とは?

もともとは恋人のいない若者たちが自らを祝う日として、1990年代に中国の大学生から始まったこの記念日を、中国の小売大手アリババが大規模なショッピングイベントへと発展させた一大イベントです。この日は通称ダブルイレブン(W11)と呼ばれ、正式名称は、「光棍節」です。

まだ日本では馴染みが薄いかもしれませんが、アリババ「独身の日(11月11日)の買い物フェスは今年で11年目を迎え、すでに20万以上のブランドが参加している一大買い物フェスイベントとなっています。

1日の取引金額

実はこのイベント、ECでの売上高が毎年右肩上がりでものすごい記録を樹立しています。2018年はこの11月11日の1日だけで、2135億元(3兆4160億円)の売り上げをあげています。

2018年での実績からいくと天猫(Tmall)での1日の取扱高が1億元(約17億円)を達成した店舗が167店舗あったうち、日本企業も6社ランクインしており、その中でもユニクロは開始後35秒で1億元(約15億円)を達成しています。

NORI

秒で15億売れるってすごい!!!

今年の参加ユーザー数は昨年より1億人多い5億人を予想されており、今年もこのアリババ独身の日でどんな売り上げ記録が生まれるのか楽しみな買い物フェスです!

数量限定価格$499.99 世界初108MPのカメラを搭載したXiaomi mi Note 10の先行販売
コメントを閉じる

コメントを残す