ディスクベンチマークが測定できるBlackmagic Disk Speed Testの使い方を徹底解説

Blackmagic Disk Speed Test 使い方

購入したSSDやHDDなどの記録媒体の書き込みスピードや読み出しスピードって気になりませんか?どうも、NORI(@norilog4)です。

今回はBlackmagic Designが無償で提供している速度計測ソフト「Blackmagic Disk Speed Test」を紹介していきたいと思います!

Blackmagic Disk Speed Testの使い方

Blackmagic Disk Speed Test 使い方

Blackmagic Disk Speed Test 起動直後画面

Blackmagic Disk Speed Test
今回はMac版のアプリを使って使い方を解説していきます。
STEP.1
アプリのインストール
まずは上記で紹介しているBlackmagic Disk Speed Testのリンクからアプリをダウンロードしてパソコンにインストールします。
STEP.2
計測したいディスクを選択
計測したいディスクをパソコンに接続して、画面上の中央上部に見える(歯車のアイコン)をクリックします。クリックすると「Select Target Drive…」を選択して計測したいディスクを選びます。
Blackmagic Disk Speed Test 使い方
Stress」はアプリケーションが書き込みと読み取りに使用するダミーファイルのサイズになります。サイズの選択の理想数値は、ハードドライブがその設計に含めることができる任意のキャッシュよりも大きくする必要があります。

購入したばかりの最新のドライブのパフォーマンスをテストする場合は、5GBのストレスサイズを使用することをお勧めします。またディスクを正しく選択できていない場合には以下の通知が表示されます。

Blackmagic Disk Speed Test 使い方

STEP.3
スピードテスト開始
計測したいディスクの選択後、中央にある「SPEED TEST START」ボタンをクリックします。
Blackmagic Disk Speed Test 使い方
測定方法はとても簡単で、このアプリを使えば画面中央の「START」を押すだけで自動的にディスクの計測が始まります。
STEP.4
スピードテスト終了
STEP.3で開始ボタンを押すと、計測は自動的にWRITE(書き込み)/READ(読み出し)の交互に行われるため、自分の判断で「STOP」しなければ、永遠メーターが動き続けます。タイミングのいいところでストップしましょう。
STEP.5
計測結果確認
WRITE(書き込み)/READ(読み出し)の結果はメーターのすぐ下に477.7MB/s、514.4MB/sなどと表示されます。

NORI

ワンクリックで簡単計測!

選択したディスクの書き込み結果がすぐに数字で確認ができます。

計測結果について

Blackmagic Disk Speed Test 数値の見方

Blackmagic Disk Speed Testは映像機器メーカーのため、表示される結果はディスクベンチマークの他、映像に関係する値が表示されます。

MEMO
数値の横にある マークが緑なら対応しており、グレーの マークだと非対応となります。

結果項目に表示されている内容

Will it Work?

使用しているストレージが対応できるビデオフォーマット

How Fast?

フーレムレート FPS (Frames Per Second)で、「コマ/秒」を表します。

画面の表の上にある「ProRes 422HQ」「Cinema DNG RAW」「10Bit YUV 4:2:2」と呼ばれるものはフォーマットの名称になります。

映像フォーマットフォーマットの説明
ProRes 422HQ不可逆映像圧縮フォーマット。アップルによりポストプロダクションのために作られたフォーマットで、Apple ProRes 422 HQ のターゲットデータレートは、1920 × 1080、29.97 fps のソースで約 220 Mbps です。
Cinema DNG RAWCinemaDNGフォーマットは、Adobe(アドビ システムズ)が2008 NAB SHOWで提唱し始めたデジタルシネマ用フォーマットで、RAW記録用の映像フォーマットです。
10 Bit YUV 4:2:2ソニーのベータカムVTRで使用されて以来、高画質アナログ映像信号の伝送や、デジタルビデオの記録方式として使用されている映像フォーマットです。

またそれ以外に縦項目に並んでいるのは、解像度の規格です。上から順に「NTSC/PAL」〜「2160p60」までありますが、下に行くほど高解像度になります。

実際に「Blackmagic Disk Speed Test」を使ってテストしてみた記事はこちら。

Sandisk Extreme ポータブルSSD驚きの軽さ!USB3.1 Gen2の超高速転送に対応 SanDisk ポータブルSSD 500GB レビュー

Blackmagic Disk Speed Testの使い方まとめ

本記事は、ディスクベンチマークが測定できるBlackmagic Disk Speed Testの使い方を徹底解説したまとめ記事です。

他のサイトでも使い方を書いているところもありましたが、「ボタン押せばOK」と書かれて終わっているところが多かったので、自分の勉強も兼ねてまとめてみました。使い方の参考になると嬉しいです。

また今回紹介したテストツールの他に、Blackmagic(ブラックマジック)からは2019年8月に、Mac OS X用の新しいパフォーマンス測定ツールで、フル解像度のBlackmagic RAWをデコードすることで、コンピューターのCPU/GPU速度をテストすることができる「Blackmagic RAW Speed Test」も登場しています。

注意
このアプリは現在Macのみ対応です。

以上、NORI(@norilog4)でした。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です