持続化給付金申請方法を丁寧に解説

Amazon Product Advertising API v5移行に伴うプラグイン設定の見直しと注意点を紹介

Amazon-Product-Advertising-API-v5

昨年あたりから、Amazonアソシエイト・プログラムで5桁の紹介料が発生するようになってきました。どうも、NORI(@norilog4)です。

Amazonアソシエイト・プログラムを利用する為のAPIで、PA-API v4を利用していた場合に以下のメールのような通知が来るようです。

移行期限の注意
このメールが届いた方は、2020年3月9日までにPA-API v5を対応しないと、Amazonアソシエイト・プログラムでの収入が飛ぶ可能性があるので注意が必要です。

NORI

修正方法・チェック方法を紹介します!

Amazonから送られてくるメール

Amazon Product Advertising API v5移行

こんなメールが届くと結構ドキッとします。

NORI

どう対応したらいいんだろう!?

って思う人も多いはずです。

Product Advertising API (以下PA-API)の新しいバージョン(PA-API v5)への移行のご案内となります。ご登録のサイトから現行のPA-API v4のCallを少なくとも1回以上検知したためご連絡致しました。

既にご案内させて頂いておりますように、お客様において、PA-API v5への移行を2019年3月9日までに実施しなかった場合、現行のPA-APIをご利用いただけなくなります。

Googleでキーワードを検索してこのブログにたどり着いた方は安心してください。対応方法をしっかり解説していきたいと思います。

PA-API v5へ対応できてない理由

このメールが送られてるひとつの原因として考えられるのが、「AmazonJS」プラグインを使っているケース。

私もいろいろ調べてみたところ、これが原因だったようです。

Amazon JS
Amazon JS
Developer: makoto_kw
Price: Free

Amazonアソシエイト・プログラムをWordPressに導入するのあたって、2019年度以前に上記のプラグイン AmazonJSを過去使ってAmazon Product Advertising APIから認証キーを作って設定した方は上記メールが送られてきている可能性が非常に高いです。

新しい認証キーを発行して、プラグインの設定画面から必要な情報を入れて更新しましょう。

Amazon Product Advertising API v5移行

現在のPA-APIがきちんとv5で動いているか確認する方法

PA-APIが以前のv4で送られているのか、v5で送られているのか確認する方法があります。それはアソシエイト・プログラムの「レポート」から確認ができます。

表示の見方

  • PA-API(v4)
  • PA-API 5(v5)

Amazon リンクタイプレポート

上のレポートを見るとPA-APIでのクリック数が3件あるので、おそらく昔書いたブログに貼っていたAmazonJSで作成したリンクをクリックされている可能性があるということになります。

私の場合も、3件のクリックの影響もありAmazonから直々にメールが届いていたのだと思いますが、このブログも時間をみて再度 AmazonJS を設置した場所の洗い出しの必要がありそうです。

PA-APIからのクリックが非常に多い場合には、2020年3月9日までにバージョンアップしなければAmazonアソシエイト・プログラムでの収入が激減する可能性があるので注意が必要ですよ!

Rinkerへの影響とチェック方法

WordPressで AmazonJS ではなく、Rinker を利用されている場合でも上記の方法でどのPA-APIが動いているか確認できます。

Rinkerの場合、プラグインのバージョンが1.5.5以上の場合にはすでにPA-API v5に対応しているので、上記のリンクタイプレポートでPA-APIが異常に多くなければ対応する必要はありません。

MEMO
RinkerではPA-API v5対策は2019年10月24日に対応が完了しております。

プラグインのバージョンが低かった場合にはすぐにアップデートが必要です。またRinker公式サイトでは以下のアナウンスがでています。

PA-API v5対応のRinker利用時の注意点
PA-API v5対応のRinkerを利用する際は以下のいずれかが必要です。
・cURLがインストールされている
・php設定のallow_url_fopenがonになっている
レンタルサーバーであれば、php設定のallow_url_fopenはお使いのサーバー管理画面で[php.ini]の設定から、allow_url_fopenをonにしてください。

WordPressを動かすのに、Xserver(wpX)やheteml(ヘテムル)などのサーバーを契約されてる方も多いと思いますが、Rinkerをインストールしていても上記の項目に当てはまらない場合にはPA-API v5対応のRinkerが利用できません。

php設定のallow_url_fopen

ご利用のサーバーがheteml(ヘテムル)の場合には各種設定→PHPからその設定を確認することができます。

Rinker設定 PA-API v5

php.iniの設定をクリックして開き、「そのほか」の中にある、allow_url_fopenがOnになっていれば問題ありません。

PHPが7.3(モジュール版)の場合にはすでにデフォルトでONになっているので、設定変更などは必要なくそのままスルーしていても大丈夫です。



amazon 置き配 利用方法Amazonでデフォルトになった「置き配」利用設定・解除方法の使い方を詳しく解説
コメントを閉じる

コメントを残す