2020年度 レスポンシブ対応のTwitter ヘッダー画像はいくつで設定するのがベストなの?

シンプルで美しいWordPress 国産目次プラグイン「Rich Table of Contents」が登場!

WordPress プラグイン 紹介

このプラグインのおすすめ度:(総合評価)

NORI

ブログ記事の目次を美しく表示してくれるおすすめ国産プラグイン!

ついに国産の目次(もくじ)プラグイン「Rich Table of Contents」が登場ですよ!

実際にこのブログでもこのWordPressプラグイン「Rich Table of Contents(リッチ テーブル オブ コンテンツ)」をインストールして設定してみました。

略してRTOC!

WordPressを利用しているユーザー必見のプラグインです。目次を自動で生成してくれるプラグインの定番「Table of Contents Plus」からの乗り換えも超絶簡単!

国産の目次プラグインRich Table of Contents

このWordPressのプラグイン「RTOC -Rich Table of Contents-」は、誰でも簡単に目次(もくじ)の作成を行うことができる日本発の目次自動生成が可能となるプラグインです。

この目次(もくじ)自動生成が可能となるWordPressのプラグインはなんと 無料で使えます!

プラグインのインストール方法

WordPress 超入門【初心者でも安心】WordPress プラグインのインストール方法を動画で解説

国産 目次プラグイン RTOC

Rich Table of Contents(リッチ テーブル オブ コンテンツ)を利用するには、以下のリンクからプラグインをダウンロードしてからFTPでアップするか、またはダッシュボードの「プラグイン」から「RTOC」を検索してプラグインをインストールします。

Rich Table of Contents
Rich Table of Contents
Developer: Croover.inc
Price: Free

インストールが完了したら「有効化」のボタンをクリックします。

有効化が終わったら、ダッシュボート内にある「RTOC設定」をクリックしてここから細かい見出しのデザイン設定を行うことができます。

RTOC プラグイン 設定

Table of Contents Plusからの乗り換え方法

現在SANGOのテーマなどを利用して「Table of Contents Plus」を利用している場合は、「Rich Table of Contents」をインストールして有効にした後に「Table of Contents Plus」を停止するだけで適用されます。

NORI

難しい設定をしなくても簡単に乗り換えができて便利!

Rich Table of Contentsの設定

ここからRTOC(リッチ テーブル オブ コンテンツ)の設定です。Table of Contents Plus(テーブル オブ コンテンツ プラス)は、英語の設定画面で設定が難しかったという人も多いと思いますが、このプラグインは設定画面もクリックして選ぶことで、デザインやレイアウトを簡単にセットアップすることができます。

基本設定

ここで目次の基本設定を行うことができます。目次のタイトルを入れると隣に表示されている「Live Preview」ですぐに変更した内容が反映されます。どういう表示設定になるのかライブプレビューできるのがとてもわかりやすいですね!

RTOC プラグイン 設定

デザイン設定

ここでは目次(もくじ)の各種のデザインを自由に設定することができます。タイトルの表示を左寄せにしたり、中央寄せにしたりなどワンクリックで切り替えができます。

H2のリスト形式/H3のリスト形式も表示されているデザインをクリックして選ぶだけで簡単に反映されます!

RTOC 目次プラグイン 設定

ワンクリックで簡単設定

目次枠のデザイン

目次を囲む枠は全部で5種類が設定されており、こちらも同じくデザインをクリックして選ぶだけで簡単に反映されます!非常にわかりやすいUIで便利です。

RTOC 目次プラグイン 設定

使い方や設定方法のヘルプ

設定方法がわからなくなった場合には「ヘルプタブ」をクリックすると各種設定項目についてのヘルプガイドが記載されています。

RTOC 目次プラグイン 設定

プリセットカラー設定

ここではプラグインのデフォルトで追加されているRTOCのデザインプリセットを選ぶことで、そのままそのデザインが利用できます。自分のサイトのカラーに近いものをクリックして選んでみるといいでしょう。

RTOC 目次プラグイン 設定

カラー設定(上級者向け)

自分のブログのテーマーカラーを忠実に設定している上級者の方は、ここから細かくそれぞれのカラーを設定していくことができます。こういう細かい設定ができるのもすごく使いやすくて素晴らしい!

RTOC 目次プラグイン 設定

応用設定

ここではプラグインの高度なカスタマイズを必要とされる場合に設定できる項目が用意されています。

RTOC 目次プラグイン 設定

PC表示でのテスト

設定後のパソコン表示での動作です。開く(OPEN)/ 閉じる(CLOSE)のボタンも標準でついています。デフォルトで閉じておくか開いておくかは「応用設定」の項目から選んで設定することが可能です。
RTOC 目次プラグイン 設定

スマートフォンでの表示動作テスト

RTOC 目次プラグイン 設定

スマートフォンで見ると「目次に戻るボタン」が表示されているのがわかります。必要がなければ、応用設定でOFFにしてしまうことが可能です。また自分のブログのデザインなどに応じてボタンの上下調整も応用設定で可能です。

目次タイトルにアイコンをつける応用設定

SANGOではFontawsomeを使えるようになっているので、以下のコードを入力すると以下のイメージと同じような設定でアイコンを表示することが可能となります。

入力コード
<i class="fas fa-list-ul"></i> この記事の内容

目次 追尾サイドバー RTOC

RTOCの設定がうまく行かない時にチェックする項目

上記で設定してもうまく表示されないということがあるかもしれません。現在ユーザーからのフィードバックをもとに、公式でこのプラグインを入れて起こる不具合を調査しているようです。

参考までに以下の内容が該当していないか、自分のWordPressの設定を見直してみましょう。

RTOC プラグイン 設定 応用

プラグイン開発者へのレビュー方法

この素晴らしいプラグインを開発した開発者へのレビューは、WordPress.org のアカウントがあれば可能です。プラグインは世界中に公開されているので、利用者数が増えれば増えるほど開発者も嬉しいはず!

以下の方法でレビューを投稿してみてはいかがでしょうか。利用する皆さんレビューを書いて、無料でこのプラグインを開発・公開しているひつじさん(@hituji_1234)を応援してあげよう。

開発者へのレビュー

RTOC プラグインレビューを投稿する

Rich Table of Contentsのレビューまとめ

本記事は、国産目次プラグイン「Rich Table of Contents」についてのレビュー記事です。

想像以上に美しいデザインと簡単に設定ができる目次(もくじ)プラグインという印象です。パソコンでもスマホでもブログをもっと読みやすくするために、目次のデザインを設定してみてはいかがでしょうか。

NORI

簡単に設定できると思うのでチャレンジしてみてね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

WordPress プラグイン 紹介WordPress 国産目次プラグイン「Rich Table of Contents」の応用設定方法
コメントを閉じる

コメントを残す