給電しながらライブ配信も可能なGoProフレーム「The Frame」が便利すぎる

Gopro 互換フレーム The Frame レビュー

GoProをライブカメラとして使ってみたいと思いませんか?

GoPro標準フレームを利用する場合だと給電しながらの撮影や、microHDMIを刺したまま利用することができません。

今回は上記の悩みを解決するGoPro用フレーム「The Frame」を紹介していきます。

NORI

GoProがATEM Mini Proとの組み合わせでライブカメラとしても利用できるようになるよ!

GoPro用フレーム「The Frame」

GoPro ネイキッドフレーム おすすめ

このGoPro用ネイキッドフレームは以下のGoProに対応しています。

今回購入した、Taisionerのサードパーティー ネイキッドフレームですが、ケースを付けたままケーブルの接続が出来ます。さらにシリコン製のレンズカバーなども付属して価格も1,000円台で購入できる素晴らしいネイキッドフレームとなっています。

NORI

もしもGoProを買うなら合わせて買っておいて間違いないフレームです!

純正品のGoProフレームとの比較

GoPro ネイキッドフレーム 比較

右:純正  左:Taisioner

写真は GoPro HERO 7 Black と今回紹介するサードパーティーのフレームとの比較です。

純正の部分は接続端子部分が開かないようにしっかりと覆われてしまっていますが、TaisionerのThe Frameはスライドして開いたまま使用できる作りになっています。

GoPro ネイキッドフレーム おすすめ

このサイドカバー部分が開くことによって、micro HDMIケーブルをさせるだけでなくTYPE-Cケーブルで本体に給電も可能となります。

Taisioner The Frameの外観

左側部分

GoPro ネイキッドフレーム 比較

正面から向かって左側部分

正面部分

GoPro ネイキッドフレーム 比較

正面

上部

GoPro ネイキッドフレーム 比較

上部

ケースの開け方

このTaisionerのThe Frameの利用方法ですが、以下の純正のThe Frameと同じ方法で開け閉めします。

GoPro ネイキッドフレーム 比較

Taisioner The Frameの同梱品

GoPro ネイキッドフレーム 同梱品

このThe Frameを購入すると中に入っていたのは、ネイキッドフレーム本体クイックリリースバックルハウジングマウントスクリューシリコン製レンズカバーの合計4点

GoPro ネイキッドフレーム 同梱品

Taisioner The Frameを三脚にマウントさせるには

GoPro ネイキッドフレーム マウント方法

このフレームを使って三脚等にマウントさせるには、クイックリリースバックルでは使えないので別途三脚マウントアダプターを用意する必要があります。

NORI

以下の商品はアルミで軽くて強度もあるので安心できます。

SmallRig(スモールリグ)のクランプを使うと大体どんなところにでも止めて使えるので非常に便利です。

GoPro ネイキッドフレーム マウント方法

GoPro ネイキッドフレーム マウント方法

ATEM Mini ProへライブカメラとしてGoProを使う

試しにネイキッドフレームを使ってデスクに固定して、ATEM Mini ProへHDMIケーブルでGoPro2台(HERO 7 Black/HERO 6)映像を送ってみました。

GoPro Atem Mini Proで利用

問題なく映像信号も送れていて、GoProもライブ配信カメラとしても問題なく使えそうです。

実戦で投入してGoProを利用する際に問題があるとしたら、GoProを接続する場所と ATEM Mini Pro までを接続するmicroHDMIのケーブルの長さ問題あたりかなと思います。

Hollyland Mars400S等のワイヤレスビデオトランスミッターかませるといけるのかもしれないけど…

GoPro互換フレーム「The Frame」のレビューまとめ

本記事は、GoPro互換フレームTaisionerの「The Frame」についてのレビュー記事です。

サードパーティーで給電しながら等で利用できるネイキッドフレームを探しているなら、結構この商品はおすすめできます!

NORI

是非チェックしてみてね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

コメントを閉じる

コメントを残す