【レビュー】Google Pixel Buds 同時通訳もできる完全ワイヤレスイヤホンを徹底解説

Google Pixel Buds レビュー

2020年8月20日に、「Pixel 4a」と共に販売開始された完全ワイヤレスイヤフォン「Google Pixel Buds」。さっそく発売当日に注文してみました。

左右がそれぞれ独立し、ケーブルがないワイヤレスイヤホンとなります。Googleから発売されたワイヤレスイヤホンだけあって、Googleとの相性はお墨付き!

Googleから発売された期待のワイヤレスイヤホンを解説していくよ!

NORI

完全ワイヤレスイヤホン Pixel Buds

Google Pixel Buds レビュー

カラーはAlmost Black

今回購入したのは、Google Pixel BudsのAlmost Black(オールモスト ブラック)というカラーで、金額は20,800円(税込)。こちらのイヤホンはAppleのAirPodsProのようにノイズキャンセリング機能(NC)には対応していません。

イヤホン単体でのバッテリー駆動時間は約5時間、バッテリー内蔵ケースを使うことで最大24時間まで利用可能となっていますが、最初からノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを探している場合にはオススメできないタイプのイヤホンとなります。

Google Pixel Budsの特徴

外部の音にあわせて音量を自動調整する機能が備わっているため、手動での音量調整が不要となっています。

通話時には内蔵センサーとマイクが周囲の音と利用者の声を判別し、話し声をクリアに処理した上で相手に伝えることが可能です。

上記の他にも、音声加速度計を搭載しており、顎の骨の振動を通じて音声を検出することが可能で、生活防水(IPX4)にも対応しているため、ランニング等の運動時の使用にも適しています。

Google Storeで購入

Pixel Budsの購入はGoogle Storeで購入が可能です。20日の発売日当日に注文で25日は到着しました。

Google Pixel buds購入

Pixel Budsのカラーバリエーション

Google Pixel Buds カラーバリエーション

日本国内でのカラー

  • Clearly White
  • Quite Mint
  • Almost Black

国内では上記の3色展開(クリアリーホワイト、クワイトミント、オールモストブラック)となっていますが、米国では上記の3色に加えて限定カラーの “Oh So Orange” が販売され人気となっているようです。

Google Pixel Buds カラー米国

米国限定 Oh So Orange

Google Pixel Budsの外観

届いたPixel Budsを開封していきます。

Google Pixel Buds 開封

同梱品

本体に付属するものは以下となっています。充電ケース、USB Type-Cケーブル、3種類のイヤーピースMはすでに本体に取り付けてあり、SとLが別途同梱されています。

Google Pixel Buds 同梱品

充電ケースはマットな質感の素材となっていています。

Google Pixel Buds

本体はマットな質感

Google Pixel Budsの重さ

Apple AirPods Pro の本体重量は5.4gで充電ケース重量が45.6gの合計51gとなっていますが、Google Pixel Budsの本体重量は11gで、本体重量は55gとなっています。

Google Pixel Buds 本体重量

本体とケースで66g

Apple AirPods Pro よりも多少重くはなっていますが、気になるような重さの違いは無いと思います。

Google Pixel Buds 本体重量

イヤホン両方で11g

Google Pixel Budsのイヤーピース

付属しているイヤーピースは「シリコンタイプ」の物がS、M、Lとなっています。

Google Pixel Buds

Google Pixel Buds イヤーピース

イヤーピースを外すとシルバーのノズルが見えます。このノズルの周りの部分をよーく見てみると、小さく文字で「Google G1008」と記載されています。

「無線機器タイプ G1007、G1008、および G1013 が指令 2014/53/EU(無線機器指令)に適合していることを宣言します。」とPixel Budsのヘルプに記載があるので無線機器に関する記述だと思われます。

Google Pixel Buds

イヤーピースを外した状態

Google Pixel Buds

ノズル径は5mm

ノズル径は5mmとなっているので、「シリコンタイプ」でなく、遮音性が高いコンプライなどの「フォームタイプ」タイプを選ぶ際には5mmのものを選ぶといいと思います。

Comply Truly Wireless Proのようなものでなければケースに入るかどうかは怪しいです。

Google Pixel Budsの充電方法

充電方法は「2種類」あり、1つはUSB Type-Cケーブルを本体下にあるポートに差し込み充電する方法。

Google Pixel Buds 充電

充電ケース下にTYPE-C

もうひとつはQiによるワイヤレス充電にも対応してます(充電器別売)

Google Pixel Buds ワイヤレス充電

NOMAD Base Stationで充電

普段利用しているNOMAD Base StationにPixel Budsを置くと問題なくワイヤレスで充電されていました。

nomad base stationシンプルなデザインが美しいワイヤレス充電ステーション NOMAD Base Station レビュー

Google Pixel 4とのペアリング方法

Google独自のペアリング機能「Fast Pair」に対応。イヤホンとスマホ(Google Pixel 4)とのペアリングもあっという間に設定が可能です。

Google Pixel Buds ペアリング

充電ケースからPixel Budsを取り出すと通知画面にPixel Budsが表示されます。タップして設定画面を開くとPixel Budsの設定ガイドがスタートします。

Google Pixel Buds ペアリング
Google Pixel Buds ペアリング
画面に表示されるガイドにしたがって設定していけばOK!

NORI

購入直後のファームウェアバージョン

購入直後にペアリングをするとデバイスの詳細設定→ファームウェアの更新からイヤフォンと、ケースのファームウェアのバージョンを確認することができます。

Google Pixel Buds ペアリング

詳細設定をタップ

Google Pixel Buds ペアリング

ファームウェア 296

現時点での最新ファームウェアは 550 となっています。

Pixel Buds ファームウェアのアップデート方法

デバイスの詳細設定→ファームウェアの更新内にある、「自動更新」をONにしておくと充電中に自動的にファームウェアがアップデートされて更新されています。

アップデート後のファームウェアバージョン

国内で発売されてから早くも最新ファームウェア 550 がリリースされています。最新バージョンでは新機能追加のアップデートが盛り込まれています。

Google Pixel Buds ペアリング

EQ設定が可能に

Google Pixel Buds ペアリング

最新ファームウェア 550

以下の設定画面をみるとわかると思いますが、最新版のファームウェアでは、低音ブースト(バスブースト)やアテンションアラート(試験運用機能)などが設定可能に。

赤ちゃんの泣き声、イヌの吠え声、緊急車両のサイレンが聞こえた場合に、音量を自動で下げ、周囲の音を聞きやすくするというものだそうです。

Google Pixel Buds ペアリング

ファームウェア 550

Google Pixel Buds ペアリング

ファームウェア 296

その他にも、「デバイスを探す」で最後に接続していた場所を表示する機能も追加されており、Googleアシスタント関連では、「OK Google、イヤホンのバッテリー残量は?」でバッテリー残量を確認できるようにもなっています。

Pixel Buds が数分に一度途音が切れる不具合

ファームウェアにアップデートする前にPixel 4にインストールしたSpotifyで好きな音楽を聞いてたところ、数分に一度音が途切れる事象が発生。

Googleはこの問題を認めており、公式フォーラムにて、数週間以内に修正を行うとしています。SNSで同様の事象が多くつぶやかれており、かなりのユーザーで同様の事象が発生している模様です。

イヤホンを耳につけた状態で耳を手で覆った場合でも、どちらかの接続が切れる事象が発生しています。

この問題は早く解決してもらいたい!

NORI

Pixel BudsにBluetoothが途切れる不具合。Googleは数週間以内に修正予定

Google Pixel Buds レビューGoogle「Pixel Buds」の音切れ問題が解決! 問題修正アップデートが順次配信開始

同時通訳機能

リアルタイム翻訳の使用イメージの動画が公開されています。このPixel Budsは現代のリアル「ほんやくコンニャク」の代名詞としても注目を集めており、2020年4月27日に公開された動画を見るとイメージしやすいと思います。

Pixel Budsを紛失した場合に探す方法

万が一イヤホンを利用していて誤って”うっかり忘れた”or”落とした”時につかう「デバイスを探す機能」などもこのイヤホンにはついています。動画は音で探すものですが、ロケーション履歴を有効にすることで落とした場所なども履歴に残すことができるようになっている模様。

Google Pixel Budsにおすすめのケース

個人的にオススメしたいPixel Buds専用のケースですが、このブログでも紹介している「NOMAD」社のケースが一番シンプルかつおしゃれなケースだと思います。

NOMADのプロダクトの特徴とも言える、Horween Leather(ホーウィン レザー)がPixel Budsの本体をしっかりとカバーしており、高級感が溢れててとても素敵です。

この商品のメリット・デメリット

Pixel Budsが届いてまだ1週間も経過してませんが、使ってみて思うメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • Androidとの相性抜群
  • Google アシスタント対応
  • 防水性能 IPX4
デメリット
  • バッテリー寿命が5時間
  • 音が途切れる不具合が発生中
  • ノイズキャンセリング非搭載

Google Pixel Buds レビューまとめ

本記事は、2020年8月20日に国内で発売開始された、完全ワイヤレスイヤフォン「Google Pixel Buds」についてのレビュー・解説記事です。

デザインもすっきりしていて、イヤホンの操作もシンプルでいいのですが、突然音が途切れる問題は非常に気になって仕方ありません。

早くこの問題解決しないかな…

NORI

以上、NORI(@norilog4)でした。

Google Pixel 4 爆速顔認証ロック解除に夜景モードが美しく撮れすぎて正直iPhone要らない! Google pixel 4 モーションセンス 設定方法ついに日本でもモーションセンスに対応!Google pixel 4の設定方法を紹介 Googleのサイトで利用されている美しくかっこいいフォント Google Product Sans
コメントを閉じる

コメントを残す

YouTube
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE