iPhoneのイヤホンジャックに差し込んで利用可能なカメラ露出計が「Lumu」登場!

Kickstarterからまたまた気になる商品が出てきました。Lumuは商品化のために出資を募っている最中ですが、目標額の2万ドル(約190万円)を大きく超える約14万ドル(約1300万円)をすでに集めており、商品化は間違いなく確定。
実際のところ、「Lumu」ってなに?というところですが、カメラを趣味の人はわかりやすいと思いますが、iPhone版のカメラ露出計です。「Lumu」はiPhoneのイヤホンジャックに差し込んで、Lumuアプリーションに使用するISOと絞りを設定すると、撮影場所に最適なシャッタースピードを自動的に測定してくれるというなんともすばらしい商品。カメラの露出計は価格コムでも最安値で2万円近くする商品。それをコンパクトにアクセサリー化させつつも、1万円以内で購入できるとなると、これは黙ってはいられませんね。iPhoneユーザーでカメラ好きなら見逃せない商品です。
Lumuは非常にコンパクトで、iPhoneに取り付けてもそこまで違和感を感じません。取り付けたLumuとiPhoneのあいだには2.2mmの隙間があいています。また、電力はiPhoneから供給されるため、充電や電池を入れる作業は不要となってます。
Lumu
ものすごいシンプルなデザイン。
686702955799514ae8190e64ca97e8d2_large
革のケースとネックストラップ付き。背面のカラーはシルバーとブラック。
08e8f29cb39ec55298dcf66560e23353_large
ネックストラップとして首からぶら下げていても、ペンダントくらいにしか思わないシンプルさ。
7d49e0205db636c09b263a348009fddb_large
実際に使用している様子は以下のムービーから確認できます。

正直これはめちゃくちゃ欲しいので出資してしまおうかと!!!!
出資の締め切りは2013年7月13日午前6時です。
99ドル(約9400円)の出資で、Lumu用ケース・Lumu・ネックストラップが1つずつ含まれているLumu Packをゲット可能で、アメリカ国外への発送料は無料となっています。
その他の詳細につきましては、下記のリンクよりご確認ください。
関連リンク:Lumu – bringing Light Meter to the 21st Century - Kickstarter

コメントを閉じる