【読者限定】電動昇降デスク割引クーポン

Apple MacBook で突然Airdropが使えなくなってしまった場合の回避方法・解決方法を解説!

最近Apple IDを2段階認証したときのパスワード変更で、各Apple端末に設定していたiCloudなどのパスワードを再設定することになったのはいうまでもありません(汗)

そしてその影響で、同一ネットワーク内でのAirdropが使えなくなってしまう事象が発生!

ファイルをAirdropを使って転送しようとすると、「“パソコン名”は要求を拒否しました。」って出てしまうではないか!!!!

そう、原因はApple IDのパスワード変更。同じApple IDで使っているiMacとMacBook AirでのAirdropが認識しなくなってしまいました!ちなみに次の方法で回復します。

もしも同じような症状で悩んでいる方がいましたら次の方法をお試しください。ちなみに筆者のOSはMarvericksとなっております。

Airdropが使えなくなってしまった場合

原因は様々あると思いますが、以下の手順に従うと、認識しなかったAirdropが回復します。

システム環境設定を開く

Airdrop システム環境設定

ユーザーとグループをクリック

Airdrop システム環境設定

Apple ID横の「変更」ボタンをクリック

アカウント設定

Apple IDを一旦削除

ID変更

もともとあったApple IDを削除するにはマイナスのボタンをクリックすると削除されます。

これでもともとあったApple IDのデータは削除されます。

AppleID削除

再度Apple IDを登録

プラスのボタンを押して再度パスワード変更後のApple IDとパスワードを入力。

※今回は2台(iMacとMacBook Air)両方とも設定しなくてはなりませんでした。

これで回復します。

関連リンク Apple サポートコミュニティ-AirDrop

0 0 評価
記事の評価
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る