【SANGO】WordPressのコメント欄を自由にカスタマイズする方法を解説

SANGO(サンゴ)のカスタマイズ

WordPressを運営・利用していくうちにどんどん使いやすいようにカスタマイズしていきたくなる欲望がでてくると思います。またWordPressでのサイト制作依頼があった場合でもカスタマイズを必要とする場面もでてきます。

今回はWordPressのコメント欄をカスタマイズしていく方法を紹介したいと思います。

カスタマイズの見た目の変化

今回のカスタマイズでは元々表示されていた部分を非表示にして最低限の部分を残すカスタマイズです。

このカスタマイズを行うと以下の画像のように変化します。画像を差し替えるだけでだいぶ印象がかわるよ✨

カスタマイズ前

コメント」「名前」「メールアドレス」「サイト」の4項目が入力できるようになっています。

正直コメントを残すだけであればここまでの情報の取得は必要ないと思います。

WordPress コメント欄 カスタマイズ

修正前のデザイン(デフォルト)

カスタマイズ後

入力する項目は「コメント」と「名前」の2項目のみが入力できるようになります。

WordPress コメント欄 カスタマイズ

修正後のデザイン

このカスタマイズ方法について
手軽さ
(5.0)
難しさ
(1.0)
わかりやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

NORI

このブログに掲載されているソースコードをコピペで完結し、むずかしくないのでチャレンジしてみてね!
注意
カスタマイズは自己責任でお願いいたします。カスタマイズにチャレンジしたけどテーマが壊れた場合にはサポートができません。

今回は「functions.php」を編集してカスタマイズを行います。簡単・安全にfunctions.phpを編集する方法は以下の記事をチェックしてみてください。

WordPressの functions.php を安全に管理・追加できるプライグイン「Code Snippets」

コメントからEmailとウェブサイトの項目を削除する

カスタマイズ前の部分の画像で表示されている「メールアドレス」と「サイト」を消します。

functions.phpを編集

以下のソースコードを「Code Snippets」に登録、または functions.php にコピぺします。

メールアドレス」と「サイト」を消すソースコードはこちら。

上記ソースコードを「Code Snippets」に登録すると、表示されていた「メールアドレス」と「サイト」が消えます。

余計な文言を削除

さらに「メールアドレスが公開されることはありません」という文言を削除することも可能です。

ソースコードを「Code Snippets」に登録すると、以下のようになります。

WordPress コメント欄 カスタマイズ

修正後のデザイン

追加でfunctions.phpを編集

メールアドレスが公開されることはありません」という文言を削除するには、以下のソースコードを「Code Snippets」に「Add New」で新しく登録、または functions.php にコピぺします。

今回のカスタマイズはこれで終了になります。

NORI

気になったらチャレンジしてみてね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

WordPressのカスタマイズ依頼

WordPressのことならお任せください。サーバー設定からインストール、カスタマイズなどを有料で承っております。WordPressで作られたサイトの制作実績は以下お問い合わせページからご確認ください。

制作・カスタマイズ依頼をする

コメントを閉じる

コメントを残す