安定の装着性で運動時にも使える Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion White レビュー

Bang & Olufsen E6 Motion レビュー

たしかな技術、クラフツマンシップ、時代を越えたデザイン、そして人間工学に基づいた快適な操作性を融合した製品を世に送り出す、Bang & Olufsen(バング&オルフセン)からBeoplay E6ワイヤレス イヤホンを提供いただきました。

特にデザインの美しさには定評があり、MoMA(ニューヨーク近代美術館)にコレクションされるなど、デザイナーであれば名前を知らない人も少なくないBang & Olufsen(バング&オルフセン)ですが、気にはなっていてもなかなか手が出なかったイヤホンがついに我が家にやってました。

NORI

革新的な技術と美しいデザインでオーディオファンを魅了するバング&オルフセン!

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion

Bang & Olufsen Beoplay E6 レビュー

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionの外観

軽量のインイヤー型ワイヤレスイヤホン。パッケージがとてもシンプルで素敵です。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

パッケージの横面。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

箱を開けるとイヤホンがお目見え。これからのワクワク感が高まります。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionの同梱品

箱を開けて中を全部取り出してみました。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

同梱品

  • Beoplay E6 Motion 本体 x1
  • シリコン製フィン S&L
  • シリコンチップ XS&S&L
  • COMPLY(コンプライ) x1
  • ケーブルクリップ x2
  • 収納ポーチ x1

シリコン製のイヤーチップやフィンをそれぞれ選べる Beoplay E6 Motion は、使う人の耳に合わせて完全カスタマイズが可能となっています。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionの重さ

本体の重量は21g。実際に装着して走ってみても左右ユニットをつなぐケーブルとで繋がっているものの、首にケーブルが当たるなどで気になることはなく、好きな音楽を聴きながらランニングを楽しむことができました。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionの特徴

Beoplay E6 Motionは、コーデックとして新たに「aptX」と「aptX Low Latency(aptX LL)」をサポートし、再生条件が向上しています。aptX/aptX LLをサポートする少しでも音にこだわりたいスマホユーザーにとっては嬉しい機能です。

aptX(あぷとえっくす)
aptXとは、Bluetoothのワイヤレス通信で用いられる音声コーデックを指します。スマートフォンで標準的に使われることの多いSBCコーデックやAACコーデックよりも高音質、低遅延で音声データを伝送できるとされる。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

イヤホンのコントロールは、ケーブルに付いている3つのボタンと内蔵マイクを備えたインラインアルマイト加工のアルミニウム製リモコンを使用すれば、音楽のコントロールも、通話への応答も、音声アシスタントのスイッチを入れることも、ポケットからスマートフォンを取り出すことなくすべて行うことができます。

また機能として面白いと思ったのがイヤフォンの部分が磁石(マグネット)となっており、これを合わせることで自動的にイヤホンの電源が切れる仕組みになっています。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

マグネット部を合わせると自動的に電源が切れる仕組み

本体への充電は付属のUSBケーブルで行います。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

充電はこの部分をくっつけるだけ

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motion レビュー

充電中

イヤホン部分のランプは充電中はオレンジの点滅となりますが、完全に充電が終わると緑色の点灯に変わります。

アプリとの連動

‎Bang & Olufsen
‎Bang & Olufsen
Developer: Bang & Olufsen a/s
Price: Free
Bang & Olufsen
Bang & Olufsen
Developer: Bang & Olufsen a/s
Price: Free

上記アプリをスマートフォンにインストールしてBluetoothをONにイヤホンと接続し、アプリに登録することで音量をコントロールできる以外に音調変更機能が利用可能となります。

Beoplay E6 Motion アプリ レビュー
Beoplay E6 Motion アプリ レビュー

Beoplay E6 Motionには、自分で好きな名前をつけることも可能。

Beoplay E6 Motion アプリ レビュー
Beoplay E6 Motion アプリ レビュー

アプリに製品登録が完了すると、Listening Modesからシーンに合わせた音質を選ぶことができます。

Beoplay E6 Motion アプリ レビュー
Beoplay E6 Motion アプリ レビュー

実際に着用して聞いてみましたが、やはり普段利用しているNUARL(ヌアール)NT01AXとは違って低音や中高域の音がよりクリアに聞こえるように感じます。

Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionのレビューまとめ

本記事は、Bang & Olufsen Beoplay E6 Motionついてのレビュー記事です。

やはり高額なものは音がイイので集中力が高まります。音を楽しみながらも仕事に集中したい時などに利用すると作業効率があがりそうに感じました。

またスポーツ・トレーニング時などでも好きな音楽をいい音質で楽しみたいときにはおすすめのイヤホンですね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

NUARL(ヌアール)NT01AX レビュー軽くて連続再生10時間の長時間再生が可能なイヤホン NUARL(ヌアール)NT01AX 完全レビュー
コメントを閉じる

コメントを残す