Amazon詐欺メールが急増中 内容の詳細を解説

Zhiyun「Smooth X」さらに小型化したスマホ用折りたたみ式ジンバルが登場!

zhiyun smooth X

ジンバル業界では世界でもシェアの高い「ZHIYUN(ジーウン)」から、折りたたみ式のスマートフォン用ジンバルがリリース!

小型ながらさらに様々な機能を盛り込んでリリースされた「Smooth X」を紹介していきたいと思います。

NORI

これからスマホ用ジンバルを購入予定の方は要チェック!

国内での発表や販売はいまのところ確認できておらず、現在は中国のみで販売されているようですが、公式オンラインストアではすでに59ドル(日本円で約6,500円弱)で販売されています。

国内でも5月22日から予約販売開始

発表されたZhiyun「Smooth X」ですが、日本国内(Amazon)でも予約受付開始となっており、2020年5月30日から随時配送予定となっています。

Zhiyun Smooth X プロモーション動画

Zhiyun Smooth X 詳細

Zhiyun Smooth X のスペック

zhiyun smooth X リリース

国内でもこの商品については取り上げられておらず、おそらくこの記事が最新ではないかと思います。今後いろいろと発表があるかとは思いますが中国サイトで情報を集めている状況ではスペックは以下の通りで公表されています。

国内で発売されているスマホ用ジンバルの中でも、かなりコンパクトな仕上がりになってる印象です。

また、ペイロードが200±35gとなってるため、現行で最大のiPhoneである iPhone 11 Pro Max(226g)を搭載しても問題なく動作するようです。

Zhiyun Smooth X の主なスペック表

zhiyun smooth x

製品名Zhiyun Smooth X
サイズ
折り畳み時
65 × 56 × 145mm
(W × D × H)
サイズ
展開時
57 × 56 × 263mm
(W × D × H)
本体重量246g
電池
1000mAh
動作温度-10℃ 〜 45℃
駆動時間4〜5.5時間
充電時間3H
(フル充電まで)
ペイロード200±35g
ワイヤレス接続Bluetooth 5.0

コンパクトに収納可能

zhiyun smooth X スペック

折りたたんだ時のサイズは14.5cmとなっており、iPhone 11 Pro Max と比較すると少し小さくなっています。また重さを比較しても Smooth X のほうが20g重くなっていますが、体感的にはそこまで重さの違いは感じられないと思います。

以下は昨年2019年8月13日に発売されたDJIの最新スマホ用ジンバルですが、こちらよりもより軽く小型化に成功しています。

DJI Osmo Mobile 3 との比較

発売日 2019年8月13日
金額 13,500円
サイズ(折りたたみ時) 157mm × 130mm × 46mm
本体重量 405g
専用アプリ あり(DJI Mimo
その他 ジェスチャー操作
ActiveTrack3.0
縦型動画撮影

長さ調整が可能(伸縮5段)

zhiyun smooth X スペック

zhiyun smooth X スペック

他社のジンバルではあまりみることのない機能ですが、全員で写真が撮りたいといった場合やセルフィーを行う際に有効な「自撮り棒」「セルカ棒」といった機能 もこのジンバルには搭載されており、最大5段伸縮で最長260mm伸ばすことが可能となっています。

ボタン一つで縦撮り・横撮りが切り替え可能

zhiyun smooth X スペック

過去のジンバルでは縦撮りする際にも一度電源を落とすなどして再度切り替えるなどしなければならなかったものが、このSmooth Xではボタン一つで切り替えが可能となっています。

zhiyun smooth X スペック

本体にある「M」のボタンを押すと、状況に応じて縦動画・横動画の撮影が素早く切り替えが可能。ボタン1つで水平方向と垂直方向の撮影モードを切り替えることができ、さまざまなプラットフォームの動画撮影ニーズに自由に対応できます。

スムーズなトラッキング

zhiyun smooth X トラッキング

zhiyun smooth X トラッキング

専用のアプリを利用して撮影対象を選択すると、インテリジェントなアルゴリズムが顔や物体を正確に認識し、被写体がどこに移動してもスムーズに撮影します。

ジェスチャー撮影

zhiyun smooth X ジェスチャー撮影

カメラに特定のジェスチャーをするだけで撮影が可能。

zhiyun smooth X ジェスチャー撮影

手をパーに開いたり、ピースをすることで撮影を開始できます。スマート認識ジェスチャーにより、カメラへの記録コマンドが可能になります。DJIのドローンなどでもジェスチャーで撮影できる機能がついていたので、かなり便利な機能になると思います。一人で動画撮影をする場合でも、本体を離して設置したとしても本体の撮影ボタンを押すことなく撮影が開始できます。

Smooth X 専用のアプリ

現在まだiPhone版のアプリがリリースされていないようですが、Smooth Xではこのアプリを使って撮影から編集ができるようです。

Zhiyun Smooth X でこんな映像が撮影できる

このコンパクトな折りたたみ式スマホ用ジンバル Smooth X を使うと以下のような動画が撮影できるようですよ!持ち運びも便利で収納も楽ですね。中国国内では発売日に1万台以上の売れている人気ジンバルとなっています。

Zhiyun Smooth X の販売価格

国内の代理店ではまだ発表がでていない為、中国での販売価格となりますが、Smooth X 本体のみでCNY299、三脚や専用収納ケースなどのセットでCNY329となっています。

現在ではZHIYUNの公式オンラインストアにて59ドル(日本円で約6,500円弱)で販売されています。いち早く手に入れたい場合は公式サイトからの購入をおすすめします。送料は5ドルで世界中に配送しています。

パッケージはスタンダード版とコンボ版で色は白とグレーの2色展開となっています。

スタンダード版

コンボ版

Zhiyun Smooth Xの技適について

国内で利用するのに「技適」がちゃんと取得されているのか気になって調べてみました。

国内での技適もしっかり取れているので、公式サイトから輸入して購入したとしても日本で問題なく利用できるので安心です。

Zhiyun Smooth Xはいち早く日本で入手・購入できるのか

特にすぐに欲しいというわけではないので、とりあえず注文してみました。

Smooth X 購入

問題なく日本まで配送してもらえるようです。配送までは5日〜10日ほどかかるそうですが、ゆっくりと楽しみに待ちたいと思います。

Zhiyun Smooth X 購入

Zhiyun Smooth Xの紹介まとめ

本記事は、Zhiyun の最新スマホ用折りたたみ式ジンバル Smooth Xについての製品紹介記事です。

7,000円を切る価格で販売されているので国内でも人気のスマホジンバルになりそうな予感がします。

以上、NORI(@norilog4)でした。

実際どれがいいの?スマホ用のおすすめジンバルまとめ14選(2020年度版) zhiyun crane 3s 登場大型カメラが搭載可能6.5kgのペイロード対応 Zhiyun CRANE 3S がついに登場 ! CINEPEER C11 ジンバル レビューZHIYUN 子会社ブランド Cinepeer からC11 格安スマートフォン用電動三軸ジンバルが登場 この1台で複数のカメラに対応するマルチジンバル ZHIYUN CRANE M2 レビュー
コメントを閉じる

コメントを残す