持続化給付金申請方法を丁寧に解説

Amazonを騙る詐欺メールが急増中 アカウント確認等のお知らせ偽装メールは要注意!

アマゾン フィッシングメール

今回は注意喚起のお知らせです。Amazon(アマゾン)サービスを使っていて、こういったメールが届いたときに思わずログインしてしまうような騙されやすい人は要注意です。

コロナウイルスで経済もヤバイ状況になってる中、こういったフィッシング詐欺メールの受信が増加しているのが現状です。

アマゾンのアカウントが乗っ取られてしまったー!

被害にあった男性

また、偽メールとサイトを使い利用者の情報を盗む『フィッシング詐欺』の手口は巧妙化しており、被害も増加傾向にあります。

NORI

騙されないためにもしっかり手口や方法をチェックしてね!

騙されないためにもこのブログなどをチェックして日頃からITリテラシーを高く持ってもらいたいと思います。

フィッシング詐欺メールの傾向として、よく利用するサービス企業(Apple、Amazon、銀行系など)を騙る事例がかなり多く、その中でも最近ではAmazonを騙るフィッシング詐欺メールが急増しています。実際に私にも届きましたので具体的にどういったものなのか紹介していきたいと思います。

昨今のフィッシング被害額や件数

ブランド名を悪用された企業の件数は年々増加の傾向にあるだけでなく、近年はインターネットバンクからの不正送金などの被害額も8億円ほどになっているようです。

ログインやパスワード変更メールが届いた場合、怪しいと思ったらログインはせず、IT(インターネットに詳しい人)に強い人に確認するのも、自分の身を守る一つとしては有効です。

日本もキャッシュレス化を推進しているにあたり個人的には来年あたりから、キャッシュレスサービスを狙ったフィッシングサイトが多く出てくるのではないかと思っています。

私の元に届いたAmazonを騙るメール

同じメールが届いたら注意
絶対にログインID/パスワードを入れてログインしないこと!
Amazonを騙るメール

Amazon 詐欺メール

アマゾンから送られたと見せかけた巧妙なフィッシングメールです。差出人が Amaon.co.jp([email protected])というアドレスから送信されたように見せかけている、こういうメールが届いたら絶対にログインしないようにしましょう!

ログイン情報を抜き取ろうとする文面の記載内容例

以下のようなメールの内容が届いたらまず、届いたメールからログインするのではなく、Amazon(アマゾン)の公式アプリかWEBからログインして確認しましょう。

以下の一文の内容のメールが届いた場合は注意です!

  • Amazonアカウントを利用制限しています
  • Amazon アカウント閉鎖
  • あなたのアカウントは停止されました
  • あなたのアカウントAmazon を更新できませんでした

Amazonを騙るメールの内容

これが実際届いたメール内容の全文です。

件名:Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Аmazonカスタマーサービス。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

本物と偽物のログイン画面の違い

パッと見てどちらが本物のログイン画面が判別がつくようであればいいのですが、フィッシングを行おうとしている偽物のログイン画面(スマホ用)も割と精巧に作られています。

amazonの偽物のログイン画面

偽物のログイン画面

amazonの本物ログイン画面

本物のログイン画面

ログイン画面のフッターの違い

またフッターに差異があることも注目です。普段ここまで見てないとは思いますが本物か偽物か見分ける注意点のひとつです。

偽物のフッター

偽物

本物のフッター

本物

偽物 © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates
本物 © 2000-2020, Amazon.com, Inc. and its affiliates

上で紹介している「偽物」のフッターコピーライトですが、実はこのコピーライト表記は「本物」のパソコン版でのログインのフッターコピーライトとして用いられています。パソコン版では1996-からのスタートになっています。

スマートフォンのログイン画面なのに、© 1996-2020が表示されているのであればまずは疑いましょう。

注意すべき点は、「本物」のパソコン版のログイン画面には最初のログイン時に「パスワード画面」が無いことです。最初にEメールまたは携帯電話番号を入れ「次へ進む」ボタンをクリックした後にパスワードを聞いてきます。

Amazon 本物のログイン画面PC版

本物のログイン画面PC版

ログインURLの確認

またログイン時のURLにも注意しましょう。本物のログインURLとフィッシングで用意されたURLの違いは以下です。

偽物 以下のURL以外のURLが表示されている
本物 https://www.amazon.co.jp/ap/signin?_encoding=UTF8…..続く

もし怪しいメールが届いたらAmazonに通報

Amazon(アマゾン)の公式サイトでも、Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方についての案内が用意されています。少しでも怪しいと思ったら公式サイトのリンクで内容を

Amazon.co.jpを装った詐欺と思われる連絡を受け取った際は以下のページを確認するようにお願いします。

フィッシングやなりすましを報告する – Amazon

Amazonを騙る偽装メールのまとめ

本記事は、Amazonを騙った偽装・詐欺・フィッシングメールについての解説記事です。

いまでは生活に必要不可欠とも言えるAmazonのサービスですが、普段使い慣れているサービスだからこそ、こういったメールが届くと慌ててログインしてしまう人も多いのは事実です。

多少、頭の片隅にこういった知識を入れておくだけで防げるのでみなさんも気をつけてください。

NORI

自分の身は自分で守ろう!

以上、NORI(@norilog4)でした。

【注意喚起】PayPalを騙るなりすまし・フィッシングメールが流行中!?
コメントを閉じる

コメントを残す