【iPhone 15】最新情報・キャリア別の価格比較

【注意】iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブルはTYPE-C 2.0 高速データ通信をするには別途ケーブルが必要

iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブルの注意点

本サイト内のコンテンツはNORILOGが独自に制作しています。メーカー等から商品提供を受けることもありますが、その場合は記事内に明記しております。コンテンツの内容や評価に関するランキングの決定には一切関与していません。メーカー等の指示による表示部分にはPRを表記します。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。詳しくはサイト運営ポリシーをご覧ください。

最新ガジェット好きのみなさんこんにちは。NORI(@norilog4)です。

2023年9月22日に全国で一斉にiPhone 15が発売されました。もう手にしてる方も多いのでは?

iPhone 15からついに搭載されたUSB-Cなのですが、同梱品のケーブルなどにちょっと注意が必要なようです。

結論からお伝えすると、iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブルではUSB 3(最大10Gb/s)のデータ転送はできないということです。

ちょっと何言ってるかわからないという人のためにわかりやすく解説していくよ!

NORI

Appleが公表した内容を満たすには一定の条件が必要になっているぞ!

新しいiPhone 15の性能を十分に利用するためにはいくつかの条件が必要となります。

この記事の監修者

iPhoneを約30分で最大50%充電の恩恵を受けるための条件

20W USB-C電源アダプタがあれば、iPhoneを約30分で最大50%充電できる(アダプタは別売)と公式サイトで公開されていますが、iPhone 15の同梱品には20W USB-C電源アダプタは入っていません。

この恩恵を受けるためには別途自分で用意しなければなりません。

20W出力のUSB-C電源アダプタ

まずはApple純正の20W USB-C電源アダプタです。

純正品なので間違いないと思いますが、価格はApple Storeオンラインで2,780円(税込)

純正品以外で安心して利用できる充電20W USB-C電源アダプタであればAnkerがおすすめ。純正品よりもコンパクトでPowerIQ 3.0搭載を搭載しています。そして価格も1,690円(税込)と純正品よりもお得!

カラーバリエーションが豊富なのもおすすめ。

最速でiPhone 15シリーズを充電するための機器の選び方

iPhone 15シリーズのUSB-C急速充電器・USB-Cケーブルの選び方を別記事で解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブル

問題となるのはここからです。以下はiPhone 15 Proに同梱されている純正の白いケーブル。

iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブルの注意点

実はこのケーブルはUSB 2.0と呼ばれるケーブルとなっています。

モデル搭載チップUSB-C(モデル/転送速度)
iPhone 15/15 PlusA16 BionicチップUSB 2(最大480Mbps)
iPhone 15 Pro/Pro MaxA17 ProチップUSB 3(最大10Gbps)

USB 2.0のケーブルは最大転送速度が最大480Mbpsとなっており、iPhone 15 Pro/Pro Maxに搭載されているはずのUSB 3(最大10Gbps)の恩恵が同梱品ケーブルでは受けられないということになっています。

公式サイトの情報を見てみると、充電と拡張性の表記でUSB 3が見えます。

出典:iPhone 15 Pro – Apple

おそらくここまで誰も見ないで購入してると思いますが、iPhone 15 Proのページには以下の記載があります。

Appleは、2030年までにカーボンニュートラルを達成するための取り組みを続けています。その一環として、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxには電源アダプタとEarPodsが付属していません。製品には、USB‑C電源アダプタとコンピュータのポートに対応し、高速充電ができるUSB-C充電ケーブルが同梱されています。

Appleでは、今お持ちのUSB‑C電源アダプタを使用することをおすすめします。必要に応じて、新しいApple電源アダプタやヘッドフォンを購入することもできます。

iPhone 15 Pro – Apple

ケーブルの種類まで明記はしていないものの、iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱品のケーブルでは最大10Gbpsは使えないということを覚えてきましょう!

実際にテストされてる方も出てきています。

USB2.0とUSB3.0の見分け方はあるの?

これだけややこしい規格のUSB TYPE-C ケーブルですが、この点を日経クロステックが詳しくまとめてくれています。気になる方はこちらをチェックしてみてください。

じゃ変わりになる最大10Gbpsが使えるケーブルはどれなんだ?ってことになると思います。Apple Storeオンライン上ではiPhoneアクセサリとして、TYPE-C to TYPE Cのケーブルは存在しません。

240W USB-C充電ケーブル(2 m)があるものの「最大240ワットの充電に対応し、USB 2の速度でデータを転送できます。」と書かれており、該当しません。

カーボンニュートラルの観点から、Appleでこれ以上純正品のケーブルを作らずサードパーティーへ任すということになっていくのかもしれません。

USB 3ケーブルの規格について

USBの規格をとりまとめるUSB-IF(USB Implementers Forum)が転送速度をベースにした名称に統一するガイドラインを策定しています。

USB-Cなのに、どうして速度が違うの?って思う方も多いかもしれませんが、USBの規格がちょっとどころじゃなくややこしい話なので、ここでは割愛しますが、USB 3.0のケーブルにも、以下の規格が存在します。見た目は同じでも、対応している速度が全く違います。

規格一般的な表記転送速度
USB 3.0USB 3.1 Gen 1
USB 3.2 Gen 1
5Gbps
USB 3.1 Gen 2
USB 3.2 Gen 2
10Gbps

なので、Appleが指す最大10Gbpsでの通信というのは主にUSB 3.1 Gen 2/USB 3.2 Gen 2のTYPE-Cケーブルを利用した時にだけ効果が発揮できるということになります。

ケーブルを購入する場合「USB 10Gbps(USB 3.2 Gen 2)」以上を選ぶ

もしも、iPhone 15 Pro/Pro Maxを入手してUSB 3(最大10Gb/s)のデータ転送を行う場合には、「USB 3.2 Gen 2」のケーブルを選んでおけば間違いありませんが、まだ市場でもあまり見かけることは少ないケーブルです。

現在Amazonで購入できるものとしては、Anker社のUSB 3.1 Gen 2対応のAnker PowerLine IIが一番おすすめと言えます。

CIOからはe-marker内蔵のUSB3.1 Gen2 TYPE-Cケーブルも登場。

e-marker搭載のケーブルだと、安全、安定な急速充電が可能です。

NORI

過充電、発熱などから大切なデバイスを保護しデバイスの損傷を防止してくれるぞ!

iPhone 15 Pro/Pro Maxの同梱ケーブルのまとめ

ガジェットがどんなに好きな人でも、見た目だけでTYPE-CのUSB2.0とUSB3.0の判別は困難です。

もしも、手持ちのUSBケーブルが、データ転送に対応しているかどうかのみを確認したければ、以下のツールがおすすめ。

機能としては「充電に対応するか」「データ転送に対応するか」の判別しか行なえないので、転送速度のチェックしたい場合は、以下のビットトレードワンの「USB CABLE CHECKER 2」がおすすめです。

Bit Trade One
¥5,760 (2024/02/24 03:47:21時点 Amazon調べ-詳細)

普段利用しているケーブルも、TYPE-C to TYPE-Cが多くなってきているので、見分ける時の参考にしてみてください。

もしもiPhone 15 Pro/Pro Maxで10Gbpsの速度が出ない、または遅いと感じた場合は上記の理由が原因なので、対応したケーブルを用意してくださいね!

NORI

USB 3(最大10Gbps)の恩恵を受けるための参考にしてみてね!

以上、NORI(@norilog4)でした。

コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る