最強モニターアーム「エルゴトロン LX」レビュー

【レビュー】FlexiSpot E7セット 天板もいろいろ選べる電動昇降デスクの決定版!

flexispot e7 レビュー

高さを自由に変えられるパソコン用デスクって本当にいいんです!高さをセットしたボタンを押すだけでスタンディングデスクにも変更できるとても便利なデスクなんです。

今回は自宅やオフィスでも使える、耐荷重125kgの最新版電動昇降デスク「FlexiSpot E7」を紹介していきます!

NORI

天板も好きなものに変えられ配線もスッキリできる最新版電動昇降デスクが登場だ!

FlexiSpot E7 セット

電動昇降スタンディングデスクE7 flexispot
電動昇降スタンディングデスクE7 flexispot

フレームのカラーはブラックとホワイトの2種類用意されています。お部屋の雰囲気にあわせて脚の色を選ぶことができます。

セットの場合届くのが以下の2種類。

電動昇降スタンディングデスクE7 flexispot
電動昇降スタンディングデスクE7 flexispot

天板と脚が別々になって到着します。

天板もそこそこ重いのですが、脚の部分は35kg近くの重さがあります。大人一人でも運ぶのは相当しんどい重さになっている点は注意です。

特に腰が悪い人は注意しないと腰を痛めてしまう可能性が十分あります。

天板の種類

Flexispot 天板

E7のセットで用意されているのは「長方形」「天然竹天板」「カーブ型」の3種類でそれぞれサイズと色を選ぶことができます。

形状サイズ
長方形(クラシック)120×60cm
140×70cm
160×70cm
Black、White、Maple(メープル)、Mahogany(マホガニー)
長方形(北欧風)120×60cm
140×70cm
160×70cm
Marble Gray(マーブルグレー)、White Wood(ホワイトウッド) 、Gray Wood(グレイウッド) 、Vintage Wood(ビンテージウッド)
天然竹天板120×60cm
140×70cm
天然竹
カーブ型140×70cmTaupe、Brown、Walnut、Wood

天然竹天板

天然竹天板の質感などは公式で公開されている動画を参考にすると印象やイメージがよりつかみやすくなると思います。

今回セットで指定したのは、「カーブ型」の「Wood」になります。

E7 flexispot 天板 カーブ

天板の色はこのような感じ。天然の木を使ったものではなく、中密度繊維板(MDF:Medium Density Fiberboard)を使用している天板になります。

E7 flexispot 天板 カーブ

もしもDIY好きで天板だけをもっと素敵な質感の木目にしたいという場合は、「Kanademono」のTABLE TOP BOARDなどを利用するのがおすすめです。

kanademono 天板 TABLE TOP BOARD

電動昇降スタンディング 組立方法(動画)

E7 スタンディングデスクの組立方法は梱包された箱の中に入っている紙でも確認もできます。オンライン上でも取扱説明書としてPDFも用意されています。

E7 flexispot 組立方法

組立方法は動画で見るとわかりやすいかもしれません。

E7 脚フレームのスペック

E7では天板最大横幅が210cmまで対応しています。かなり大きめのパソコンデスクでも電動昇降デスク化が可能です!

パネルタイプタッチパネル
機能メモリ・ロック・障害物検知機能
耐荷重125kg
脚幅調整範囲110~190cm
昇降範囲58~123cm
脚段階三段階(ピラミッド)
対応天板サイズ幅120~210cm 奥行60~80cm 厚み≥2cm

全パーツを取り出し

まずは箱から組み立てる全部出してしまいましょう!

E7 flexispot 組立方法

これ以外に以下の取付け用のネジなどが付属品として入っています。

取付用ネジ

組立時にあるといい工具

35kgもある重さの脚と、天板の組み立てには相当パワーが必要です。そのため電動ドライバーや各種工具などを事前に用意しておくと組立もかなりスムーズになります。

電動ドリル

組み立てには、かなりのネジを締める必要があります。電動ドリルがあると締め付け作業がかなり楽になるのであると作業効率がアップします。

アイリスオーヤマ 電動ドリルドライバー 充電式 軽量 コードレス LEDライト 正逆転切替 JCD28 充電器・バッテリー・ビット10種付き
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

4mm 六角レンチ

フレームを組み立てるのに、付属のL字六角レンチも利用が可能です。付属のネジを締めるには4mmの六角レンチが必要となりますが、電動ドリルに取り付け可能な4mmの六角ビットがあると素早く組み立てが可能で楽になります。

組立 ステップ1

部品5サポートプレートを部品4ビームに取り付けます。

E7 flexispot 組立方法

ゴムの部分が上にくる形でA×4本のネジを締めていきます。

E7 flexispot 組立方法

組立 ステップ2

これが一番大変かもしれません。昇降する脚の核となる部分を取付です。それぞれかなりの重量です。

E7 flexispot 組立方法

部品2昇降⽀柱を部品4ビームに取り付けます。D×8本のネジを使って締めていきます。

E7 flexispot 組立方法
E7 flexispot 組立方法

組立 ステップ3

部品1脚を部品2昇降⽀柱に取り付けます。C×8本のネジを使って締めていきます。

NORI

ここまででベースとなる昇降脚の組立は完成!すでに体力は相当消耗しています

組立 ステップ4

ここからさらに大変になりますが、天板を取付けてしまえば完成は目前です。

天板の裏面にネジを止めるために目印となる穴が開いているので、そこに脚の穴を合わせます。

E7 flexispot 天板取付

合わせ終わったら、E×12本のネジを使って締めていきます。

組立 ステップ5

最後の仕上がりまでを完璧にしておくために、ここで注意したいのが「設置するコンセントの位置」を意識してコントローラーの位置を決めることです。

E7 flexispot 天板取付

右脚側からコンセントを出すか、左脚側からコンセントを出すかによって、コントローラーのネジを外して左右のどちらかに決めて動かすことも可能となっています。

組立 ステップ6(完成)

B×4本のネジを使ってケーブルカバーを取付けて締めていきます。あとは立てるだけで完成です!

うまく配線ができると、正面からみても配線が見えずにスッキリします。

E7 flexispot 天板取付

配線時のポイント

E7 flexispot 配線ポイント

ケーブル周りをスッキリ配線させるために、写真のようなケーブルクリップを用意しました。今回フレームが黒なので黒のケーブルクリップで仕上げていきます。

このクリップの標準のテープを利用した場合、簡単に外れてしまうことが多いので、一旦ケーブルクリップについてるテープを綺麗に剥がしてしまい以下の超強力両面テープと取り替えて取り付けます。

魔法の両面テープ 透明

E7 flexispot 配線ポイント

フレームなどの裏側には、タップ底面の超強力なネオジム磁石でフレーム部分にしっかり固定することができる電源タップを利用することで、パソコン周辺機器の電源を取ることができます。

天板の色によって雰囲気はかなり大きく変わってくるとは思いますが、ボタンひとつで昇降するデスクなので最高です!

E7 flexispot レビュー

ちなみに横幅が2m幅の天板を取り付けてカスタマイズして利用しています。

E7 flexispot カスタマイズ

横幅2mの天板に27インチモニター2台にモニターアームを取り付けた特別仕様のパソコンデスクが完成です。

ERGOTRON(エルゴトロン)モニターアーム レビュー 【レビュー】モニターアーム「エルゴトロン LX」作業スペースを確保し作業効率UP!

こんな方におすすめ

実際に利用してみて、積載重量が125kgというスペックから以下の方におすすめです。

E7がおすすめな人

  • 横幅2m近い電動昇降デスクを作りたい
  • 持っている天板を生かして電動昇降デスクを作りたい
  • デュアルモニターで電動昇降デスクを作りたい

FlexiSpot E7セットのレビューまとめ

本記事は、電動昇降デスクの決定版とも言える、FlexiSpot E7セットについてのレビュー記事です。

さっとパソコンで作業したいときにはスタンディングタイプへ。じっくり座ってなにか作業したい場合は通常タイプへボタン一つで戻すことができるので、気分や作業環境に応じて高さを調整できる電動昇降デスクはかなり重宝しています。

DIYで電動昇降デスクにしたいという人にもおすすめの脚となっています。

以上、NORI(@norilog4)でした。

0 0 評価
記事の評価
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る